Q&A(3D距離画像センサ「アンフィニソレイユ」とは)

Laser ranging image sensor : Q&A

Q&A(3D距離画像センサ「アンフィニソレイユ」とは)

Laser ranging image sensor : Q&A

  • 3D距離画像センサの導入事例はありますか?

    ホームドアの支障物検知、ホームからの転落検知、混雑検知、転倒検知、人数カウントなど様々な用途で導入実績があります。また、建設機械・農業機械・ロボット・パーソナルモビリティの周辺検知など、自動運転関係でも導入しています。距離データを使うことで、複雑な処理でも比較的簡単なアルゴリズムでシステム構築が可能です。

  • 耐振動・耐衝撃について教えて下さい

    下記の試験を実施して問題無きことを確認しています。過度の振動環境での使用に関しては、別途ご相談下さい。
    ■耐振動
    33Hz×70m/s2 上下 4h/前後/左右 各2h
    ■耐衝撃
    300m/s2 11~19ms 上下,前後,左右方向 各3回

  • 温度・湿度範囲はどのくらいですか?

    以下の通りです。範囲外での使用をお考えの場合は、別途ご相談下さい。
    使用温度、湿度:-30℃~60℃、絶対湿度36g/m3以下
    保存温度、湿度:-30℃~70℃、絶対湿度36g/m3以下

  • 開発環境用ツールの準備はありますか?

    センサ出力データをコントロールするライブラリを提供しています。VisualStudio2005 StandardのC++/CLRの開発環境で、必要な関数を呼び出してセンサ出力データ(測距データ、光量データ)を処理するプログラム開発が可能です。 ドキュメント類は、製品仕様書、取扱仕様書、通信インターフェース仕様書、ユーザライブラリ仕様書を提供しています。
    センサ内部のマイコンを使用する場合は、別途有償のSDKを購入いただく必要があります。

  • フレームレート、画素数は最大どの位まで上がりますか?

    フレームレートと画素数はトレードオフの関係にあります。FX10では下記の3パターンを準備しています。
    16fps±1.6fps / 1749画素(53 x 33)
    10fps±1fps  / 2535画素(65 x 39)
    4fps±0.4fps  / 5917画素(97 x 61)

  • 距離精度はどの位まで上がりますか?

    測定対象の状態(表面反射率、反射指向性、距離、形状など)によって異なりますが、反射率が高く、距離が近ければ、距離精度は1cm程度(3σ)になります。また、平均処理によって高精度化することも可能です。

  • 検知距離・検知角度を広げることは出来ませんか?

    長距離版(目標:3~4倍の距離)の開発を進めています。検知角度の拡大は難しいです。

  • 光源がレーザですが安全性に問題はありませんか?

    本センサは、レーザ安全クラス1(いかなるときも人間の目に対して安全なレベル)を満足するように設計していますので問題はありません。また、内部のインターロック機能により、万が一故障した場合はレーザ出力を停止しますので、安全性に問題はありません。

  • なぜ、外乱光に強いのですか?

    本センサは、投光と受光の光路が同じ同軸光学系を採用しています。 測点ごとに大出力、短パルス幅の投光パルスを照射し、かつ測点ごと必要最小限に絞り込まれた狭視野の受光光学系で受光パルスを検出しています。狭視野の受光光学系により、外乱光の影響を最小限に抑えています。

  • 屋外での使用は可能ですか?

    屋外でも使用可能です、建機や農機など振動や衝撃が掛かる環境でも使用可能です。

  • 夜間や雨天時の使用は可能ですか?

    夜間でも雨天でも使用可能です。本センサは、赤外光パルスレーザを使用したアクティブセンサのため、昼夜、照明の有無に関係なく使用可能です。また、降雨・降雪の状態では、雨粒や雪を計測(検知)しますが、発生が連続しないため後方フィルタ処理で除去することが可能です。

  • 測定できないものはありますか?

    反射率が極端に低いもの(たとえば黒、透明ガラスなど)、光沢があり鏡面反射するものなどは、距離や角度によっては測定できない場合があります。また、微細な形状や凹凸面(例えば、細径のケーブルや棒など)、照射光パルスの入射角が大きい面は、測定できない場合があります。

  • センサの寿命はどの位ですか?

    使用環境や製品仕様によって変動しますが、屋外環境にて5年間連続動作を設計寿命としています。

  • 推奨されるPCのスペックはどの程度でしょうか?

    同梱の表示ソフトを使用する場合、Microsoft Windows7、10(いずれも32bit日本語版)を推奨します。

  • センサを複数個使用した際に干渉はありませんか?

    センサを複数個、同時に使用しても干渉することはありません。 本センサは、投光パルスと受光パルスの光路軸が常に同じとなる同軸光学系を採用しています。 そして、投光パルスと受光視野を高速に2次元走査することで、距離データを取得しています。したがって、互いに独立して動作する複数センサにおいて、あるセンサの投光パルスが、他のセンサの受光視野に入って干渉することはほとんどありません。

  • 判定アルゴリズムの開発を依頼することはできますか?

    既に当社で開発済みのアルゴリズムもありますし、アルゴリズム開発を受けることもできます。内容によっては、ソフト開発メーカをご紹介することも可能ですので、是非ご相談下さい。

  • センサを購入すると何が付属しますか?

    付属品はCD(ドキュメント類、設定・表示ソフト、ユーザライブラリ)のみです。(ケーブル・電源などは別売り)

  • 設置方向に制約はありますか?

    制約はありません。どの向きに設置しても問題ありません。

  • 外部インターフェースは?

    以下の通りです。CAN出力を使用するためには、別途SDKの購入が必要になります。
    Ethernet:測距データの出力等
    CAN:ユーザアプリ判定結果の出力等

  • 内蔵されているデータ処理部(マイコン)は?使用することが可能ですか?

    以下を内蔵しています。使用するためには別途SDKの購入が必要になります。
    CPU:TI製 AM3352(ARM Cortex-A8)
    動作周波数:1GHz
    OS:TOPPERS

  • ケーブルの延長はできますか?

    LANケーブルの延長は、Ethernetの通信規格(100Base-TX)より100m未満として下さい。それ以上に延長が必要な場合は、スイッチングHUBの導入・光変換などを検討して下さい。 電源ケーブルの延長は、仕様電圧以下に電圧低下しない距離として下さい。長距離の場合は、AC電源での延長を推奨します。

  • 定期メンテナンスは必要ですか?

    基本的にはメンテナンスフリーなので、不要です。但し、レーザ出射面の窓ガラスのみ必要により清掃して下さい。

  • AC/DC電源を準備する上での制約はありますか?

    【DC+24Vのとき】
    起動時:1.5A以下(10ms以下)
    ※起動時の電流値は電源機器の出力特性によります
    定常時:0.35A以下

  • ガラス面は、どのようなコーティングがされていますか?

    親水コートになります。

  • センサはどのように設置すればいいですか?

    センサの側面に設置用タップがありますので、 設置箇所に合わせて取付金具をご準備下さい。

  • ゲーム機であるようなモーションセンサとの違いは何ですか?

    周囲環境の影響を受けないで(照明の有無、外乱光など)、正確に距離を計測できるのが大きな違いです。

  • センサを輸出することはできますか?

    輸出できます(輸出貿易管理令 別表第1において非該当)。 海外でご使用の際は、電源電圧にご注意下さい。

  • 発熱や発生音はありますか?

    周辺の温度より+10℃程度の発熱はあります、また発生音は殆どありません。

  • 価格はどの程度でしょうか?

    センサ単体(FX10)で198,000円が標準価格となります。

  • 発売台数はどの程度でしょうか?

    以前のモデルも含め類型で20,000台程度となります。(2017年12月現在)

  • 燃えているような対象物(溶けた鋼など)でもデータ取得出来ますか?

    データ取得は十分可能です、距離精度などは条件によって低下する可能性があります。

  • Are there introduction examples of the Laser Ranging/Image Sensor?

    Case Studies of laser range sensors, is as follows.
    ・people counter (bus, ticket gates in stations, factory)
    ・object detection (platform screen doors, robot, vehicle, personal mobility)
    ・congestion detection, upset detection (escalators)
    Additionally, autonomous vehicle such as construction machinery, agricultural machinery, personal mobility vehicle introduce the Laser Ranging sensor.

  • Tell us about vibration durability, impact resistance.

    The sensor passes following examination. Consult with us if you are using it in an environment with excessive vibration .
    ■Vibration resistance
    33Hz×70m/s2 
    Upper and lower side: 4h, Front and rear side: 2h, Right and left side: 2h
    ■Impact resistance
    300m/s2 11~19ms
    Upper and lower side: 3 times, Front and rear side: 3 times, right and left side: 3 times

  • What is the scope of temperature and humidity?

    The scope of temperature and humidity, is as follows.
    ■Operating temperature and humidity
     -30℃~60℃, absolute humidity: 36g/m3 or less
    ■Storage temperature and humidity
     -30℃~70℃, absolute humidity: 36g/m3 or less

  • Is there a development tool for the sensor?

    We provide a library for controlling output data of the sensor. With a development environment of C++/CLR of VisualStudio2005 Standard, you can develop a program that invokes necessary functions to process the sensor's output data (ranging data and luminous energy data).
    The product specification, instruction manual, communication interface specifications, and user library specifications are available.
    In order to use a microcomputer, purchasing SDK is required.

  • What are the available maximum values of frame rate and pixels?

    There is a trade-off between the frame rate and pixels. The following four patterns are available.
    16 fps ± 1.6 fps / 1749 pixels (53 x 33)
    10 fps ± 1 fps / 2535 pixels (65 x 39)
    4 fps ± 0.4 fps / 5917 pixels (97 x 61)

  • What is the highest precision of ranging?

    Although it depends on the measuring object status (surface reflectance, directional sensitivity, range, shape, etc.), the ranging precision could be about 1 cm (3σ) with high reflectance and in short range. Also, equalizing can increase the precision.

  • Can the detection range and angle be wider?

    We are developing the long distance detecting range model. (3 or 4 times as long as standard model.) It is difficult to make the angle wider.

  • The light source is laser, but is it safe?

    It is safe because the laser of this product is designed to satisfy Class 1 safety (always safe for human eyes). Also, it ensures safety because it stop outputting the laser in case of failure with the internal interlock feature.

  • Why is it resistant to ambient light?

    This sensor uses the centered optical system where the same light path is used to irradiate and receive light.
    The sensor irradiates a high-power, short-width flood light pulse at each observation point, and detects a light reception pulse with the light reception optical system with the narrowest possible view, at each observation point. The narrow-view light reception optical system suppresses interference of ambient light to the bare minimum.

  • Can it be used outdoors?

    The sensor can be used outdoors.
    Also, it is available under the condition of vibration and impact such as use on the construction machinery and agricultural machinery.

  • Can it be used at night or in rainy weather?

    It can be used at night and in rainy weather. This product is an active sensor using infrared light pulse laser, and can be used at all hours with or without lighting. In rainy or snowy weather, it measures (detects) raindrops and snow, but it can remove them since they do not occur consecutively.

  • Is there anything that the sensor cannot detect?

    Objects whose reflectance is extremely low (e.g. black object, transparent glass, etc.) may not be detected depending on the range and angle. Also, it may not be able to detect a fine shape surface, corrugated surface, and other surfaces where the incident angle of the irradiation light pulse is large.

  • How long is the lifespan of the sensor?

    5 years, continuous operation outdoors, but it is up to operating condition and specification.

  • What are the recommended specifications of the PC?

    In case that you use sample viewing software, Microsoft Windows7, 10(32bit Japanese ver.) are recommended.

  • Is there interference when multiple sensors are used?

    Multiple sensors can be used simultaneously, and there is no interference.
    A: This sensor uses the centered optical system where the same light path is used to irradiate and receive light.
    It obtains ranging data by high-speed, two-dimensional scanning of flood light pulse and light reception view. Therefore, with multiple stand-alone sensors used, a flood light pulse of one sensor almost never interferes with other sensor's light reception view.

  • Can we ask for the development of the software?

    Yes. There is the software which has been developed and can introduce a software maker in some cases.

  • What is attached to the sensor?

    a CD(document, sample viewing software, user library) is attached to the sensor. (a cable and a power are separately sold)

  • Is there limitation in the setting direction?

    No.

  • Tell us about the external interface.

    The external interface is as follows. In order to use CAN output, separately sold SDK is required.
    Ethernet: The output of ranging data output etc.
    CAN: The output of user application judgement result etc.

  • Is it possible to use microcomputer in the sensor?

    Microcomputer in the sensor is as follows. In order to use it, purchasing SDK is required.
    CPU: TI AM3352(ARM Cortex-A8)
    Operating frequency: 1GHz
    OS: TOPPERS

  • Is the cable extension possible?

    The extension of the LAN cable is possible to 100m. When extension is more necessary, please examine the introduction of switching HUB and the light converter. The extension of the power cable is possible, but please be careful about voltage drop. In the case of a long distance , the extension with the AC power is recommended.

  • Is the periodic maintenance necessary?

    No. The sensor is maintenance-free. But cleaning is necessary when a glass surface becomes dirty.

  • Is there the limitation to prepare for AC/DC power supply?

    【DC+24】
    During startup:15Aor less(10ms or less)
    ※The current during startup depends on the characteristics of the power supply.
    Steady state:0.35A or less

  • What is the coating of the glass surface?

    The coating of the glass surface is hydrophilic coating.

  • The setting method of the sensor?

    Please use the tap for the installation of the side surface.

  • What is the difference with the motion sensor used with a game console?

    A difference is what can measure accurate distance without being affected by the surrounding environment(lighting, sunlight).

  • Is the export of sensors possible?

    The export of sensors is possible. In the case of the use in foreign countries, please be careful about a power supply and the voltage.

  • Is there the heat generation and generated sound?

    The sensor has a heat generation of around +5℃ than ambient temperature. The sensor hardly generates a sound.

  • How much is the unit price of the sensor?

    The standard sample sales price of sensor unit is about 198,000 yen.

  • How many sensors were sold?

    Including former model, about 20,000 sensors are sold as of December 2017.

  • Is the measurement of the burning object(melting steel) possible?

    Yes. But the measurement accuracy may decrease by the situation.

  • 会員サポートMember's Support