経営計画

長期経営計画 - Vision-2028 EVOLUTION 100 -

日本信号グループは、2029年までの10年間における長期ビジョン『Vision-2028 EVOLUTION 100』を策定しました。
今後10年間に予想される社会の変化、日本信号グループの存在意義やケイパビリティ(強みとする組織能力)を踏まえ、創立100周年に向けて進むべき方向性、当社グループのありたい姿は次のとおりです。

日本信号グループの目指す姿

日本信号グループの目指す姿

日本信号グループの目指すバリューチェーンと新たな事業ドメイン

当社の目指すバリューチェーンのステージ

当社の目指すバリューチェーンのステージ

当社の新たな事業ドメイン

安全と信頼の技術をベースに、現在の4セグメント(鉄道信号・スマートモビリティ・AFC・スマートシティ)から
更なる進化や新たな技術の活用等により、今後は次のような事業ドメインを目指します。

当社の新たな事業ドメイン
基本方針

2020年3月期~2022年3月期 中期経営計画(21中計)

21中計の位置付けと基本フレーム

長計ビジョン達成のため、日本信号グループは10年間を3つの中計に区切って進捗推進・管理します。最初の中計となる「21中計」では、足元の「収益性の課題」を解消しつつ、ビジネス変革(グローバル化加速、ソリューション化推進等)に適応するための「成長性の課題」について、経営資源のシフトを含め、スピーディーかつ積極的に取り組みます。

新長期経営計画における21中計の位置付け

新長期経営計画における21中計の位置付け

21中計の基本フレーム

21中計の基本フレーム