沿革

1928年12月
(昭和3年12月)
電気信号、機械信号、分岐器等信号保安装置一切の製造販売を目的とし、三村工場、塩田工場、鉄道信号株式会社を統合、資本金100万円をもって日本信号株式会社を設立。
1937年12月
埼玉県浦和市(現さいたま市)に与野工場を開設、信号保安装置の製造開始。
1948年4月
大阪支店を開設。
1949年5月
東京証券取引所に上場。
1950年9月
大阪工場(2003年10月 大阪支社分室に名称変更)を開設。
1961年10月
大阪証券取引所に上場。
1962年11月
宇都宮工場を開設。
1964年4月
上尾工場を開設。
1987年4月
大阪支店の名称を大阪支社に変更。
1989年10月
(平成元年10月)
技術研究センターを新設し、与野工場、宇都宮工場の名称を与野事業所、宇都宮事業所に変更。
2001年5月
埼玉県久喜市に久喜事業所として、知識創造型企業への変革を目指した研究開発センターならびに業務センターが稼動。
2001年6月
本社を東京都豊島区に移転。
2002年7月
久喜事業所の第2期工事が竣工。設計・生産など与野事業所に残存する全機能を久喜事業所に移管し、同事業所が本格稼動。それに伴い、与野事業所を閉鎖。
2003年7月
ビジョナリービジネスセンター(VBC)を設置。
2005年9月
大阪支社分室を閉鎖。
2005年12月
大阪支社を大阪市中央区へ移転。
2006年4月
研究開発センターを研究センターへ名称変更し、各事業分野に関するコア技術の開発と基本技術の開発・整備を推進する技術開発部門として開発センターを新設(2009年10月に研究センターと開発センターを研究開発センターに統合)。
2007年6月
本社を東京都千代田区へ移転。
2009年4月
海外市場における競争力の強化を目的として国際事業部を新設。
2010年12月
大阪支社を大阪市北区へ移転。

日本信号の歴史はこちらでもご紹介しています。
個人投資家向け情報 - 日本信号のあゆみ

お問い合わせ
製品のお問い合わせ電話でのお問い合わせ
03-3217-72008:30~17:05(土日祝日は除く)
ページTOP