日本信号の人々
照井 理紗

Risa Terui

安全信頼創造センター CBM推進室(2019年度入社)
情報科学科卒業

幅広い知識が身に付く環境の中、
日々、成長していく喜びを味わえる

Q1. 志望動機と入社の決め手は?
鉄道は、身近な人の生活に欠かせない存在。
裏方として人を支えたい自分にぴったりだと思いました。
就職活動を始めた当初から、「多くの人々が当たり前に使っているものに携わる仕事がしたい」「身近な人に役立ちたい」と考えていました。私はもともと裏方を務めることが好きで、「目立たないけれど、チームにとって欠かせない存在」を目指していました。日本信号に興味を抱いたのは、当たり前に安全運行する鉄道を通じて、身近な人たちを支えていると思ったからです。日頃は意識されないけれど、ふとした瞬間、「あなたがいてくれて良かった」と感じてもらえる。そこに喜びを感じる自分にとって、ぴったりな仕事だと思いました。

日本信号が手掛けている鉄道事業はとても幅が広く、たくさんの利用者の生活基盤を支えていますが、その一人ひとりは、私の身近にいるような人々だと思います。鉄道事業に従事することで、身近な人を支えるというやりがいがあると考え、入社を決めました。
Q2.どんな仕事をしていますか?
入社1年目で新幹線の地震防災システムを担当。
現在は、分析基盤のシステム設計を担当しています。
入社1年目から新幹線の地震防災システムの設計に携わり、実機に触れながら自ら仕様を検討し、実現する経験をしました。その後、センサで故障を検知する転てつ器モニタのシステム設計を経て、入社3年目となる現在、鉄道沿線設備の点検に役立つ分析基盤のシステム設計を主に担当しています。お客様の要望を汲み取り、それを実現できるシステムを検討・提案した後、エンジニアと詳細な仕様を決め、設計や検証をすることが私の主な業務です。

分析基盤システムでは、検測車の上にカメラを付け、電柱やガイシなどの鉄道周辺設備の画像を撮影します。これらを地上に設置されたサーバでAIを活用して解析し、故障箇所などの異常を検知します。これまでは鉄道沿線の設備まで人が点検しに行くが必要がありました。このシステムを導入すれば、その手間が省けて、人手不足でも広範囲にわたる路線の安全を守ることができるようになります。今後、需要が増していく画期的なシステムだと感じます。
Q3.仕事のやりがいは?
幅広い技術や製品知識を学び、習得していける。
仕事の中で成長していく実感を味わえます。
携わる領域が幅広いため、通信やセキュリティ、サーバ、機械など、幅広い知識を学び、習得することができます。実機のサーバや通信機器を触りながら、製品の知識を深めていけることも非常に面白いです。
私は学生時代にC言語のプログラミングを学んだ程度だったので、わからないことが多く、システム設計に必要な知識を身に付けるために苦労しました。先輩や上司の助けもあり、社内の有識者の話を理解できるようになったときには、自分の成長を感じることができて嬉しかったです。お客様やエンジニアにシステムの機能や仕組みを伝える資料を作成し、自ら説明することもありますが、難解な部分もきちんと伝えられるようになりました。

入社1〜2年目は、指導してくれる先輩が仕事の進め方のマイルストーンを置いてくれますが、「この装置には、こういう動作をさせてほしい」など、あくまで抽象的な指示とアドバイスのみ。どう実現していくのかは個々に任されるため、自分なりに知恵を絞ることが求められます。
やりがいと共にプレッシャーも感じましたが、結果、私が考えた仕様が採用してもらえたときは、「一歩、成長できた!」という達成感を得られました。早く一人前の技術者へと成長していきたいので、「自分に技術が身に付いている」と感じる瞬間が一番嬉しいですね。
Q4.日本信号ならではのやりがいは?
技術者に必要な素養とマインドを培えること。
他部署と連携・議論し、視野が広がっていきます。
鉄道は安全に運行することが大前提なので、それに関わる機器やシステムを扱う際には、部署それぞれで遵守すべき規定が細かくたくさんあります。いろんな部署と連携して仕事を進めていく中で、重視する観点が異なるために、議論が白熱する場面も少なくはありません。
しかし、自分の担当領域とは違う視点や考え方を知ることができるため、それもまた良いところだと感じます。お客様の要望と開発の視点、そして、関わる多くの部署の考え方。それらを理解することで、視野は大きく広がっていき、自身の技術者としての成長につなげられていると感じます。

こうした背景の中、技術者に必要な素養である「細部まで突き詰める習慣」も身に付きました。設計においても、フェーズごとに細かな規定や審査があり、それらをクリアするためには裏付けとなるエビデンスが必要となります。細部まで突き詰めて裏付けることで、議論をする際にも自分の考えに自信を持って発言できるようになりました。

日本信号では、お客様の要望に最大限に応えていくため、案件に携わる全社員が様々な角度から実現できる方法を考えています。もしも自分の考えに行き詰まっても、経験豊富な有識者や技術者が一緒に悩んで考えてくれるから、出口が見つかります。仕事をする上で大変なこともありますが、尊敬できる上司や先輩、同期たちに囲まれている恵まれた環境の中、「“どうしよう”ではなく、“こうしよう”」というマインドを大切に、自分を日々アップデートしながら仕事ができているという満足感があります。
Q5.プライベートの過ごし方は?
健康を考えて自炊しています。
休日は出かけて友人と会ったり、好きなラーメンを食べに行きます。
自宅で過ごす時間が増えたので、健康を考えて、冷凍・レトルトに頼らずに野菜中心の料理を意識して作るようになりました。お店のメニューを再現して作るのにもはまっていて、見た目等をどれだけ寄せられるかに挑戦してます。

コロナ以前は、休日には地元に帰り、友人と会うことが多かったですね。友人も私も元ソフトボール部だったので、キャッチボールをしながらお互いの近況報告や、悩み等を話してストレス発散していました。ラーメンが好きで、出張先でオフの時間にご当地ラーメンを食べることが楽しみの一つでした。いずれ、いろんな地域のラーメンを食べ歩いてみたいです。
Q6.日本信号の一番の魅力は?
若手への教育体制が手厚いところ。
多様な働き方ができる環境も魅力だと思います。
若手への教育体制が手厚く、入社1年目には先輩とバディを組み、一緒に仕事をする中でいろんなことを教えてもらえます。「この人になら、何でも聞いていい」という環境があるから安心できました。日本信号に入社する人は、誰もが社会インフラを支える使命感を持っているので、先輩も上司も尊敬できる人ばかりですし、皆さんフランクに接してくれるのでいろんな話を聞くことができますね。

また、女性が働きやすい環境も魅力だと思います。産休・育休を取得して復帰している女性社員も多く、お子さんを育てながら、活躍を続けている先輩がたくさんいます。最近はテレワークも推進していて、各自が自分の仕事状況に合わせてテレワークを選択できます。個々の事情や状況に合わせて柔軟な対応ができ、多様な働き方ができる働きやすい環境だと感じます。
Q7.将来の目標は?
一人前の技術者になることです。
いずれはIoTを用いたシステムを提案・実現したいです。
まずは、一人前の技術者となることが目標です。若手でも能力に応じてやりがいのある仕事をさせてもらえる環境があるので、自分の力を磨き、いろんなことに挑戦していこうと思います。いずれは、ネットワークや通信に精通し、IoTを用いたシステムを自ら提案・実現できるようになりたいと思っています。