日本信号の人々
遠橋なつみ

Natsumi Toohashi

インフラ機器技術部(2013年度入社)
生産工学部機械工学科卒業

仕事と子育てを両立できる環境で、
付加価値ある技術提案をめざす

Q1. 志望動機と入社の決め手は?
働く先輩たちが魅力的でした。
技術者としていろんな経験もできる!
「人の役に立つ仕事がしたい」と考えており、広く社会に貢献できるインフラ関係の仕事に携わりたいと思うようになりました。大学時代の研究室で鉄道の研究をしているメンバーから話を聞いたり、鉄道関連のメーカーのインターンシップに参加したりする中で、鉄道業界に興味を持ちました。
そんな中、日本信号が理系女子学生向けに就職セミナーを開催しているのを知り、参加しました。セミナーでは人当たりの柔らかい先輩社員の方たちと触れ合う中で親しみを感じました。

また、私と年齢の近い先輩が、明るく力強く仕事について語る姿を見て、私もこんな素敵な人になりたいと思いました。日本信号で経験を積むことで技術者として、また人間的にも成長できると感じ、入社を決めました。
Q2.どんな仕事をしていますか?
鉄道信号システムの実装設計を担当。
要望を設計に落とし込みます。
信号機や転てつ機を制御する連動装置、安全に列車を止めるATC装置など、鉄道信号システムの実装設計を担当しています。駅や線路に設置する地上装置と車両に設置する車上装置があり、設置する場所によって防水にしたり、振動に強い構造にしたりします。内蔵する部品の配置を、不具合を起こすノイズが出ないようにすることや、配線を含む組立性、交換部品のメンテナンス性などを考慮して設計します。
近年増えている海外製品では特にノイズや熱が国内よりも厳しい仕様の場合があり、電気設計者や関連部署と協議して対策を決めていきます。
設計効率向上や品質を安定させるために標準化したモジュールを組み合わせるモジュール設計や設計の自動化にも取り組んでいます。
Q3.仕事のやりがいは?
自分の考えたものを提案・実現できる!
多くの人と協力してものづくりする達成感が。
自分が考えたことを提案・実現することにやりがいを感じます。お客様やSEといった上流工程とすり合わせを行い、生産技術部門や板金加工、塗装などの協力会社といった下流工程と協力してものづくりをする面白さを味わっています。みんなで作り上げた製品が社会で活躍することを思うと大きな達成感がありますね! 先輩たちの積み重ねてきた技術を学ぶこと、また新しい技術を取り入れていくことで製品と自分も進化できることも魅力だと思います。
Q4.日本信号ならではのやりがいは?
若いうちから挑戦できる土壌。
社会的に大きな役割も担えます。
年齢を問わずいろいろなことに挑戦できる土壌があり、業務の効率化や改善などの提案も良いアイデアがあればみんなで協力して実現できます。入社3年目の時、仕様に合った部品を膨大な図面から探す作業をなくしたいと考え、材質・サイズ、色などの情報から図面を検索できる表を作り、システム上で検索できる仕組みを構築しました。実際に周囲の設計者に活用されているのを見ると嬉しいですし、他にも業務効率化に役立つものが作れないかと気にしながら業務に取り組むようになりました。
また、社会的に大きな役割を担っているという点も日本信号ならではの魅力だと思います。鉄道信号は人命に関わる装置です。故障しても安全を守るフェールセーフという設計になっていますが、企業理念にもあるように、より安心で快適な社会を実現するための責任感と使命感を持って取り組むことで、喜びややりがいを実感できると思います。
Q5.プライベートの過ごし方は?
子育て中のため、家事・育児が中心。
英語や資格の勉強もしています。
平日は家事と育児、休日は家族で公園や動物園などに出かけています。就寝前や空いた時間を利用して、会社の通信教育や資格試験の勉強をしています。国内外問わず多くの製品に携われるよう、今後に向けて英語力を身につけておきたいと思っています。趣味は家族旅行。
Q6.日本信号の一番の魅力は?
産育休後の復帰にも安心できる環境。
グローバルな仕事にも携われます。
私は子どもが1人おり、1年間、産育休を取得して職場復帰しました。日本信号には現職復帰できる制度があり、休職中も定期的に連絡を取ることができるので、不安を感じることはありませんでしたね。出産や育児に関する制度は男女問わず活用されているため、職場の理解も深いと感じています。私は子どもの体調により急な早退・休暇を取ることがありますが、進捗を共有することで、チームでフォローできる体制になっています。キャリアを失わず、仕事も人生も大切にできる環境は魅力的だと思います。
また、グローバル事業の展開が加速しているので、手を挙げればグローバルな仕事に携われます。英語教育についても研修や教育費用の補助があるので恵まれていると思います。
Q7.将来の目標は?
プラスαの価値を生み出すこと。
誰かの憧れや目標になれる社員をめざします。
言われたことをこなすだけでなく、プラスαの視点を盛り込み、日本信号だからこその付加価値を提供できる人になりたいです。私は育児で他の人よりも働く時間は少ない分、限られた時間で効率的に業務が進められるよう、日々業務の工夫を心がけています。そういった活動を進めて多様な人が活躍できる環境をつくっていきたいです。また、私が就職セミナーで感じたように、自分自身も誰かの憧れや目標になれるように頑張りたいと思います。