Topics
ライン

日本信号は1928年の設立以来、鉄道信号を中心とする各分野で、都市と交通の安全を支えてきました。
何よりも安全と信頼が求められる分野での経験を通して、私たちはできるだけ早くリスクを発見し、対応することの大切さを常に考え、そのための技術を磨き続けています。

日本信号の地中レーダは、道路や各種施設の工事現場で地中の様子をとらえ、事故を未然に防ぎます。地中の見えないリスクを迅速に発見し、安心につなげる技術です。
長年にわたって安全と信頼の優れたテクノロジーを通じ、社会に貢献してきた日本信号が提供する、安心のためのソリューションです。

イメージ
点線
地中レーダは掘削工事による損傷事故を未然に防ぎます。

工事が行われる道路や敷地には多くの場合、地中に配管やケーブルが埋まっています。

「道路工事で、ガス管や水道管に穴をあけてしまった!」
「配管工事で、電線を切断してしまった!」

こうした事故を防ぐために、これまでは主に工事前の試掘が行われてきました。しかし事前確認のための試掘で、誤って埋設管を傷つけてしまうこともあります。地中レーダを使えば地面に穴を掘ることなく、より簡単に埋設管の位置を確認できます。
都市部では既存の埋設管が複雑に重なり合い、埋設図面などの資料だけでは正確に地中の様子をつかめないことがあります。こうした場所では特に、地中レーダを使って埋設管を確認しておくと安心です。

イメージ
点線
地中レーダは、反射波によって地下の埋設物や空洞、水などを検知します。

地中レーダは、地中に向けて電磁波を放出します。土の中に金属管や樹脂管、空洞や水があると、反射波によって異物や空洞の存在がわかります。さらに、反射波のデータを信号処理することによって、より鮮明に地中の様子がわかる画像を得られます。

イメージ
点線
グランドシア 3つの強み