道路交通安全システム

高密度化する道路網を多彩な技術でサポートします

世界有数のクルマ社会である日本。その狭い国土を縦横に走る
道路網の交通渋滞の緩和と交通事故の撲滅は重要な課題です。
そんな我が国の交通事情を少しでも改善したいという願いを込めて、
人もクルマもスムーズで安全に移動するための各種機器の開発および提供をしています。

製品ラインナップ

交通管制システム
各都道府県に一つある交通管制センターを最上位として、地域制御、系統制御、地点制御などをまとめた広域的な信号の制御を行っています。
交通信号制御機
各交差点における信号の赤・青・黄表示をコントロールし、安全で円滑な交通秩序の確保と交通事故の防止、および交通公害を抑制します。
非常用バックアップ電源
停電時にバッテリー(本製品)から電源供給を行い、信号の滅灯を防ぎます。停電時においても、交通渋滞の抑制と交通事故の防止を図ります。
交通信号灯器
交通信号制御機によって制御され、自動車の運転手又は歩行者に対して赤・青・黄を表示するための機器です。
コンパクト画像センサ
コンパクト画像センサ
画像処理により移動体の挙動をリアルタイムに計測するセンサです。計測対象はニーズに応じてカスタマイズ可能で、様々なシーンに適用可能です。コンパクトで軽量、さらにカメラの筐体内に画像処理部が収まっているのが特徴です。そのため設置も非常に容易です。横断歩行者用の感知器として使用されております。
遠赤外線式センサ
遠赤外線式センサ
遠赤外線を利用し、背景との温度差を検出するセンサです。パッシブ方式を用いるため非常に低消費電力です。また太陽電池により電源の引込が不要となります。親機~子機の接続を無線化できるため、検出信号用の配線工事も不要です。無線距離は200mで、最大8台まで子機を接続可能です。
耐環境型SS無線伝送装置
耐環境型SS無線伝送装置
300m以下の近距離通信を行う無線です。近距離仕様のため無線の送信出力が弱く、無線局の免許申請が不要です。独自の変調方式で無線LANとの干渉を最小限に抑えています。架線張りが不要となり施工も容易となります。交通信号制御機の制御情報伝送、車両感知器等の感知情報伝送等に使用されております。
 

新規事業

車両・二輪車・歩行者識別センサ
車両・二輪車・歩行者識別センサ 現在開発中
画像処理により車両、歩行者に加え二輪車の識別が可能なセンサです。カメラと画像処理部が同じ筺体内に入っているコンパクトな構造です。詳細ページへ
無停電電源装置(屋外用)
無停電電源装置(屋外用)
バッテリーとインバータ供給機装置を組み合わせた屋外で使用できるバックアップ電源です。電源供給が遮断されるとバッテリーに切り替わり、電力供給を維持します。詳細ページへ
逆走防止対策設備システム(画像処理式)
逆走防止対策設備システム(画像処理式)
画像処理により順走、逆走車両を検出し、逆走車両に警告するとともに台数をカウントする設備です。表示板を用い逆走車に対し「逆走」等の表示で警告します。検出時に検出信号の伝送が可能です。逆走検知率は90%以上です。
交通量計測設備(画像処理式)
交通量計測設備(画像処理式)
車両の走行方向、速度および車種が計測可能な交通量計測設備です。本装置は1台のカメラで4車線分を同時に計測することが可能です。ループコイル式と比較し、カメラは路側に設置できますので工事や保守が容易です。監視用途に使用できる映像伝送機能もオプションで実装することができます。昼夜、天候に関わらずどのような環境でも感知率95%以上を実現しています(機電通範囲)。
身体障害者用駐車マス管理システム
身体障害者用駐車マス管理システム
身体障害者用駐車マスに駐車している一般車に対する警告や身障者車両に対する駐車案内を行うシステムです。ナンバーデータベースと駐車車両のナンバーを画像認識することで身障者車両かどうかの判断を行います。警告方法は表示板、駐車枠ライティング(埋め込みLED照明)、警告音などがあります。また、身障者用駐車マスの「満・空」表示なども可能です。
 
製品の仕様は予告なく変更になる場合がございます。ご了承下さい。
お問い合わせ先
日本信号株式会社 交通情報システム営業部
TEL:03-3217-7299  | FAX:03-3217-7239 
新規事業詳細ページはこちら

ページの先頭へ戻る