ICタグソリューション積層ICタグ

IDタグリーダライタ機器のご案内

1mm間隔で積み重なった状態でも、高速かつ正確に認識できる積層ICタグを活用したシステムです。

商品の特徴

日本信号の特徴である積層ICタグを活用する事で、金融機関にとって最も重要な書類である債権書類を正確かつ効率的に運用することができるシステムです。
本システムは債権書類現物の管理に特化しており、非常にシンプルな構成で実現する事ができます。そのため、導入期間も短く、スムーズな移行作業が可能です。

ICタグで現物の管理を確実に管理

入出庫の際にICタグを読み取ることで、”どの書類”を”いつ””どのファイル(どこ)へ”入出庫したのかを自動的にシステムが認識します。これにより、間違いの起こりやすい人為的ミスを排除し、確実な管理を行う事が可能です。

棚卸し業務を大幅に効率化

積層ICタグを行う事で、最大200件の債権書類をわずか数秒で棚卸しをする事ができます。
これにより、5万件の書類もたった半日で 棚卸し作業が完了します。

保管スペースの効率活用

債権書類を収納するファイルボックスにもICタグを貼り付け、リーダで一括読み取りを行う事で、どの債権書類がどのファイルボックスに収納されたかをシステムが自動的に認識します。これにより、収納するファイルボックスを選ばないため、最小限のスペースで保管する 事ができます。

業務品質の向上につながります

書類の不備に関するプロセスを管理し、統計的に活用することで業務改善に役立てる事が可能です。

スムーズな移行作業を支援

お客様が現在使いのシステムとの連携や、運用状況に合わせたカスタマイズも致しますので、リリース後もスムーズに運用できます。

日本信号の積層ICタグとは

従来のバーコード方式と積層ICタグの性能差

写真

積層ICタグとは

写真

機能・性能

No. 機能 概要
1 ホスト連携 新規実行データおよび完済データを本システムに取り込みます。
夜間バッチ処理または手動処理の方法があります。
2 入出庫処理 債権書類の入出庫管理を行います。
3 実地棚卸し 債権書類の実地棚卸しの管理を行います。
4 帳簿出力 実地棚卸し結果や貸出送付状などを帳簿として出力します。
5 データ出力 各種データをファイル(CSV形式)に出力します。
6 不備情報管理 不備書類・不備内容などを本システムに登録し集計などを行います。
7 追加書類管理 予め、後日到着となる書類を登録し、登録した書類を一覧表示し ます。
8 債権書類検索 債権書類の所在や入出庫履歴などを検索する事ができます。
カタログ
ダウンロード
カタログダウンロード各製品の詳細情報はカタログでご覧いただけます。
お問い合わせ
製品のお問い合わせ電話でのお問い合わせ
03-3217-72008:30~17:05(土日祝日は除く)

電話でのお問い合わせ

03-3217-7200

8:30~17:05(土日祝日は除く)

ページTOP